よくある質問:「医療費のお知らせ」について

ハピルス 『医療費明細』 の見方は?

ハピルスの 『医療費明細』 の見方は?
【日数】

実際の来院日数ではなく、医師の診察が行われた日数の合計。
検査のみで来院した場合は、カウントされていません。
電話再診は含まれます。


【医療費総額】

保険診療の医療費総額です。自費診療分は含まれません。


【健保負担額】
  • ・医療費総額のうち健保が医療機関に支払った金額。
  • ・医療費総額×7割または8割。(負担割合による)。
  • ・限度額適用認定証、市区町村発行の医療証を使用している。
    場合は高額療養費の額も含む。
    (レセプトに公費番号の記載がある場合のみ)

【窓口負担額】
  • ・医療費総額のうちご本人が窓口で支払った額。
  • ・医療費総額×3割又は2割又は1割。(負担割合による)
  • ・限度額適用認定証使用の場合は、自己負担限度額を表示。
  • ・高齢受給者証の方は2割(1割)の金額、又は自己負担限度額を
    超えている場合は自己負担限度額を表示。
  • ・市区町村発行の医療証を使用している場合は、制度により
    自己負担額が異なる為、一律「---」の表記。
    (レセプトに公費番号の記載が無い場合は一般と同様の表記。)

【備考】

「公費」とは、市区町村発行の医療証を使用して、レセプトに
公費番号の記載がある場合に表示されます。


*表示される受診履歴は

  • ・被保険者の方は、ご自身及び、ご家族全員分のデータがご確認いただけます。
  • ・被扶養者の方は、ご自身のデータのみご確認いただけます。

このページのトップへ

医療費のお知らせの発行タイミングは?

医療費のお知らせの発行タイミングはどのようになっていますか?
1月・2月に受診されたものが6月に、3月・4月に受診されたものが8月に、というふうに2か月分ごとに年6回発行されます。
このページのトップへ

公費負担医療の窓口支払額の表示は?

実際に病院の窓口で支払いをしているが、「医療費のお知らせ」では備考欄に「公費」という表示がされ窓口支払額が“---”になっていますがなぜですか?
自治体の医療費助成や国の公費負担医療を受けていて、かつ診療報酬明細書に公費の表示がある場合、「医療費のお知らせ」の窓口支払額欄は一律“---”と表示させていただいています。
このページのトップへ

窓口支払額の不一致はなぜ発生するの?

「医療費のお知らせ」の窓口支払額よりも実際に支払った金額のほうが多いのはなぜですか?
実際に支払った金額の中には保険適用にならないものが含まれている場合もあります。
医療機関の窓口にお問い合わせください。
このページのトップへ

通院日数の不一致はなぜ発生するの?

1日しか通院していないのに「医療費のお知らせ」には2日通院したことになっていますが?
通院しなくても、病状の変化などについて電話で医師の意見を求めた場合などは再診料がかかり日数も1日としてカウントされます。
このページのトップへ

「医療費のお知らせ」に掲載されてこない?

通院しているのに「医療費のお知らせ」に掲載されてこないのはなぜですか?
医療機関から当組合への請求書が遅れることがありますので、次回の発行までお待ちください。
このページのトップへ

身に覚えのない「医療費のお知らせ」が届いた場合は?

身に覚えのない「医療費のお知らせ」が届いたのですが?
転勤、転居する前は通院していて、その後は通院していないのに当組合に医療費が請求されていた、また、この月は通院していないのに行ったことになっている、というようなことが発見できました。紛失した保険証で他人が受診ということもあり得ます。
このような事例は「医療費のお知らせ」を確認して初めて分かることで、直接医療費の低減につながります。“おかしい!”と思ったら当組合にお問い合わせください
(TELNET:8-185-240、ダイヤルイン:03-3461-9370)。
このページのトップへ