要支援、要介護の段階について

このランクに応じて利用できるサービスの上限が異なります。

要支援1 社会的支援を要する状態 ● 身の回りの世話の一部に何らかの支えが必要
要支援2 ● 複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある
要介護1 部分的な介護を要する状態 ● 身の回りの世話、複雑な動作に何らかの支えが必要
● 移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある
● 問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護2 軽度の介護を要する状態 ● 身の回りの世話、複雑な動作、移動の動作に何らかの支えが必要
● 排泄や食事に何らかの支えを必要とすることがある
● 問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護3 中等度の介護を要する状態 ● 身の回りの世話、複雑な動作、排泄が自分ひとりでできない
● 移動の動作が自分でできないことがある
● 問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護4 重度の介護を要する状態 ● 身の回りの世話、複雑な動作、排泄がほとんどできない
● 移動の動作が自分ひとりではできない
● 多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある
要介護5 最重度の介護を要する状態 ● 身の回りの世話、複雑な動作、移動の動作、排泄や食事がほとんどできない
● 多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある