費用の一部が公費負担される医療

イラスト

病気やケガの種類や条件によっては、国や地方自治体が健康保険に先立って優先的に給付を行ったり、健康保険の自己負担分を国や地方自治体が負担する場合があります。

社会的な防疫の意味を持つ法定伝染病に対する負担、治療のための研究を目的とする特定疾患や小児慢性特定疾患などの難病に対する負担などがそれにあたります。

また、乳幼児・障がいをお持ちの方を対象に医療費の助成制度を多くの自治体で実施しています。

健康保険組合では、正しい給付が行われるように、医療助成を受けられている方、条件などによって給付が受けられなくなった方には、健保に届をお願いしています。

申請書類はこちら

国・自治体による医療費助成制度 資格取得・変更・終了届 書類(PDF)