病気やケガで働けないとき

傷病手当金・傷病手当金付加金

イラスト

被保険者が業務外の病気やけがで仕事を休み、給与が支払われなかったり、減額された場合、被保険者の生活を保証するため健康保険組合から傷病手当金が支給されます。

支給期間は最長1年6か月間

同一傷病の支給期間は最長1年6か月間です。

支給金額

仕事につけなかった日1日につき、下記給付金額の計算方法に基づき法定給付として支給され、傷病手当金付加金を含め合計標準報酬日額の80%が支給されます。(ただし、被扶養者のない人が入院した期間は傷病手当金付加金は支給されません。)

障害基礎年金・障害厚生年金などを受給しているとき傷病手当金は支給されません。ただし、年金などの額が傷病手当金の額を下回るときは、その差額が支給されます。

1日当たりの支給額(給付金額の計算方法)

支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月以上ある場合
支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額を30で割った2/3に相当する額
支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月に満たない場合
支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額と、当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額を比べて少ない方を30で割った2/3に相当する額

支給を受けるときの条件

  1. 療養のためであること
    自宅療養でもよいが医師の指示により治療がなされていること(業務上あるいは通勤途上の事故や災害により病気やけがをしたときは、労災保険の扱いとなります。第三者の行為による災害・事故によりけがをしたときは、相手側の損害保険による支払いが優先されます)
  2. 仕事につけないこと
    これまでやっていた仕事ができなければ、ほかに軽い仕事ができても、仕事につけないと考えてよいです。ただし、休んだ期間に対して医師の証明が必要です。
  3. 連続する3日を含み4日以上仕事を休んだとき
    3日間は待期期間として支給されません。4日目以降の仕事につけなかった日に対して支給されます。
  4. 給料が支払われていないこと
    事業主から給料が支払われている場合、その額が傷病手当金より多いときは支給されません。給料のほうが少ないときは、その差額だけ支給されます。

傷病手当金はけがや病気の療養に専念し最短で職場へ復帰することを目的としているので、会社を休んで治療の必要があるという医師の意見を参考にして、健康保険組合が認めた場合に支給されるものです。会社を病欠として休業していても、健康保険組合が労務不能と認めない場合には、支給されないことがあります。
また、医療機関にかかっていても治療が行われていない場合(予防的なものや通常の妊娠、安静のためのもの)は支給されない場合もあります。

申請された傷病手当金は、当組合が毎月25日までに受付をした翌月に支給しますが、健康保険法にもとづいた審査などのために日数がかかることがあります。なお、集中休日により受付日の変動があります。

傷病手当金は事業主の証明が必須となるため、事業主としての締切日を設けている場合がありますので、提出にあたっては、各事業主窓口へ締切日の確認を行って下さい。

延長傷病手当金付加金

傷病手当金支給期間を過ぎても病気やけがが治らず、引き続き労務不能のため会社を休み給与の支払いがない場合は、さらに1年6か月の間延長傷病手当金付加金が受けられる制度があります。

  1. 支給期間
    傷病手当金支給期間満了日翌日から起算し1年6か月です。
  2. 支給額
    仕事につけなかった日1日につき、標準報酬日額の3分の2が支給されます。

    障害基礎年金・障害厚生年金などを受給しているとき延長傷病手当金付加金は支給されません。
    ただし、年金などの額が延長傷病手当金付加金の額を下回るときは、その差額が支給されます。

手続き

傷病手当金・傷病手当金付加金・延長傷病手当金付加金請求書」を事業主に提出してください。

第1回目の申請の方は、下記の書類を提出してください。

お願い

傷病手当金は給与に代わるものです。
1か月を単位として請求していただくようお願いいたします。

申請書類はこちら

傷病手当金(含む傷病手当金付加金)・延長傷病手当金付加金を申請される方へ 説明文(PDF)

必ずお読みください

傷病手当金・傷病手当金付加金・延長傷病手当金付加金請求書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
傷病手当金請求にともなう本人状況報告書(症状等・生活状況)

第1回目の申請の方は、提出してください。

書類(PDF)