高齢受給者となったときは

高齢受給対象者

70歳以上75歳未満の方。ただし、すでに後期高齢者医療制度の対象になっている方(一定障がいがある満65歳以上)は除きます。

医療費自己負担割合

  1. 70歳以上の「高齢受給者」の医療費自己負担は原則2割負担となり現役並み所得者については3割負担となります。
  2. 3割負担の方は、収入基準額(70歳以上の被扶養者がいない場合で年収383万円、70歳以上の被扶養者がいる場合で年収520万円)未満であると認められる場合は2割負担となりますので、「健康保険高齢受給者基準収入額適用申請書」に収入証明を添付し当健康保険組合まで提出してください。

ただし平成26年3月までに70歳に到達した人は1割(年齢到達日は誕生日の前日なので、平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた人は1割) 。

現役並み所得者とは70歳以上の被保険者のうち標準報酬月額が28万円以上の方と、その70歳以上の被扶養者。

高齢受給者証の交付

当健康保険組合では、毎月、被保険者(本人)・被扶養者(家族)の年齢計算を行い、70歳到達者の「高齢受給者」には、資格取得月の前月末までに、「高齢受給者証」を兼ねた「被保険者証」を送付しますので、申請手続きをしていただく必要はありません。(任意継続被保険者本人・家族の方には直接ご自宅へ送付します。)

資格取得月とは

70歳に達した月の翌月1日から高齢受給者となります。ただし、誕生日の前日が年齢到達日となりますので、1日生まれの方は70歳に達した月から高齢受給者となります。

例)

  1. 4月1日生まれで70歳に達した人は当月の4月1日から高齢受給者となります。
  2. 4月2日生まれで70歳に達した人は翌月の5月1日から高齢受給者となります。

共に「高齢受給者証」を兼ねた「被保険者証」を資格取得月の前月末までに送付します。

「高齢受給者証」兼用の「被保険者証」が届いたら

それまでお使いいただいた「被保険者証」は使えなくなりますので、事業主までご返却ください。

申請書類はこちら

健康保険高齢受給者基準収入額適用申請書 書類(PDF)