事故にあったとき

健康保険で治療は受けられるか

イラスト

交通事故のように、第三者によって起こったケガや病気は、当然その第三者である加害者が、治療費や休業補償費を支払うわけですが、さしあたって被害者は、健康保険組合に届け出を出すことによって健康保険によるケガの治療を受けることができます。ただし、健康保険で治療を受けたり、傷病手当金をもらった場合にはその部分についての賠償請求権は健康保険組合に移ることになります。つまり、健康保険組合が、被害者であるみなさんにかわって、給付を行った範囲内で加害者に損害賠償を請求するわけです。

交通事故の場合、よく加害者と被害者との間で示談が行われ、安易にすまされてしまうことがありますが、示談内容によっては被害者は健康保険組合からの給付が受けられなくなる場合があります。

みなさんやご家族のかたが第三者の行為によって病気やケガをしたり、または亡くなられた場合は、すぐに所属の事業所をとおして健康保険組合へ届け出てください。

「第三者行為による傷病(本人または家族)」は次のとおり

  1. 第三者(相手側)と接触または衝突などの交通事故で受けたケガ
  2. 事故車に同乗していて受けたケガ(同乗者が親族であっても適用)
  3. 暴力行為により受けたケガ(殴打)
  4. 他人の飼っている動物などに咬まれて受けたケガ
  5. 食堂などで食べたものに起因する食中毒
  6. その他
    例:歩いていたら建築現場から物が落ちてきてけがをしたなど

事故後の流れ

  1. まず警察に届けをする
    事故の大きさにかかわらず、必ず警察に届け出てください。(その場で身体に異常が無くても後で影響が出る場合も有ります。)又、事故証明書は保険請求の場合、必ず必要なものです。
  2. 目撃者の証言をもとめること
    目撃者がいたら、後日の証言のために住所・氏名などを聞いておいてください。
  3. 相手の身元を確認すること
    事故の相手の住所、氏名、電話番号、勤務先(会社名・電話番号)を必ず聞いておくこと。また、車の持ち主、登録番号、自動車保険の内容や会社名も確認してください。
  4. 健康保険組合に連絡する
  5. 病院で診察を受け診断書を交付してもらうこと
    診断書が無い場合は、領収書のコピーと傷病名が判るようにメモで良い。
  6. 示談するときは事前に健保に連絡すること

示談は慎重に

示談後も健康保険の給付を受けられるかどうかは、示談の内容によって決まりますので、示談にする場合は、事前に必ず健康保険組合に相談して慎重に示談を行う必要があります。

通勤または業務途上で事故にあったら

通勤途上の事故については、労災保険から保険給付が行われ、その場合は健康保険の給付は行われないことになっています。

提出書類及び手続き

下記書類を事業主に提出してください。

交通事故事案については、任意保険会社が「第三者行為による傷病届」の作成・提出を援助する場合もあります。

事故証明書のもらいかた

  1. 自動車事故が発生した都道府県の「自動車安全運転センター事務所」へ所定の郵便振替用紙を使って、事故証明書の交付を申請します。郵便振替用紙は警察署(派出所・駐在所)、損害保険会社、農業協同組合にも備えつけられています。
  2. 交付申請の手続きをすると、センター事務所から申請者の住所または希望するところへ、証明書が送られてきます。

申請書類はこちら

第三者の行為による傷病届 書類(PDF) 記入見本(PDF)
事故発生状況報告書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
念書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
自損事故による傷病届 書類(PDF)  
自動車事故以外の第三者による事故発生状況報告書 書類(PDF)