治療のため、コルセットなどの治療用装具をつくったとき

コルセットなどの治療用装具を必要とする場合は、本人が一時代金を支払い、あとで健康保険組合に申請することにより払い戻しを受けることができます。

支給の条件

保険医が治療上必要と認め、義肢装具製作所が患者の身体に合わせて調整したもので、健康保険組合が認めた場合に限ります。

次のようなものは支給対象外になります。

  • 治療を目的としない装具、症状が固定したあとの日常生活の必要な補装具など
  • 作成した装具には使用期間に規定があり、同一の装具を使用期間内に申請された場合は、支給対象外になることがあります。

義手、義足は療養の過程において、その傷病のため必要と認められる場合で、症状固定前の練習用に仮に作製したものは、1回に限り治療用装具として支給されます。

障がい認定を受けている場合は、支給対象外になります。福祉事務所などにお問い合わせください。

下肢装具で室内用と室外用として2足作製した場合、補助対象は1足分のみとなります。

支給金額

基準料金から自己負担分を差し引いた額

自己負担は「医療費の一部を自己負担する」を参照。

手続き

「療養費・第二家族療養費を申請される方へ」を必ずお読み下さい。(以下の説明文ボタンをクリックして下さい。)

説明(PDF)

「療養費・第二家族療養費(治療用装具)支給申請書」に必要書類を添えて提出してください。

必要書類(すべて原本)

  • 治療用装具の領収書
  • 装具内容内訳明細書
  • 保険医の証明書など(同意書、装具装着証明書)