9歳未満の小児が弱視などの治療で眼鏡やコンタクトレンズをつくったとき

小児などの治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズを必要とする場合は、本人が一時代金を支払い、あとで健康保険組合に申請することにより払い戻しを受けることができます。

支給の条件

  • 9歳未満の小児
  • 医師の指示に基づき、小児弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療のために作成したもの

次のような場合は支給対象外になります。

  • 治療用眼鏡などの更新については更新前の装着期間に規定があり、装着期間内に申請された場合は、支給対象外になることがあります。
    5歳未満の更新については、更新前の装着期間が1年以上、5歳以上9歳未満は更新前の装着期間が2年以上)
  • 弱視・斜視の矯正などに用いるアイパッチおよびフレネル膜プリズムについては保険適用の対象とはされていません。

支給金額

基準料金から自己負担分を差し引いた額

自己負担は「医療費の一部を自己負担する」を参照。

手続き

「療養費・第二家族療養費を申請される方へ」を必ずお読み下さい。(以下の説明文ボタンをクリックして下さい。)

説明(PDF)

「療養費・第二家族療養費(治療用装具)支給申請書」に必要書類を添えて提出してください。

必要書類(すべて原本)

  • 眼鏡の領収書
  • 保険医の証明書など(作成指示書、検査が記載された証明書)